環境・省エネのご提案

国光施設工業が提案する電気自動車用充電設備

地球環境問題、原油価格の高騰が叫ばれる現在、電気自動車やプラグインハイブリッド車等の次世代自動車の普及には、インフラの整備が急務となります。

国光施設工業では、普通充電器(200V,100V)、急速充電器の設置提案→施工→メンテナンスまで一貫したサービスを提供しております。

また、電気自動車(EV)用急速充電器の普及/拡大を目的とする組織「CHAdeMO(チャデモ)協議会」に、弊社も賛助会員として参画しております。

最新の技術動向や社会インフラとしての標準化動向などの情報を踏まえた、急速充電システムのご提案をさせて頂いております。

電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド(PHEV)の普及予測

低炭素社会の実現に向け、政府は普及目標を設定するなど市場育成に向けての動きが活発になっています。経済産業省の「乗用車車種別普及目標」(政府目標)では、2020年にEV,PHEVの乗用車全体に占める割合を15~20%、2030年には20~30%と発表されています。 

乗用車市場における
EV・PHEVの普及見通し

(環境省 次世代自動車普及戦略より)
乗用車車種別普及目標
(政府目標)

(経済産業省 次世代自動車戦略より)

普通充電器と急速充電器について

充電インフラは、大きく分けて普通充電器と急速充電器があり、設置場所や充電時間、設置コストに応じた整備が予測されます。

設置場所・用途・駐車場のタイプなどに応じて充電タイプをご選択いただきます

普通充電は、大きく分けて2つの充電シーンでの使用が考えられます。

場所 駐車場タイプ 充電タイプ
プライベート充電 戸建 平置 普通充電
マンション 平置・自走式 普通充電
機械式 普通充電
ビル 平置・自走式 普通充電
機械式
(エベレータ方式等)
普通充電
屋外駐車場 平置 普通充電
パブリック充電 商業施設・ディーラー・コンビニ・公共施設・SA・SS・時間貸し駐車場等 平置・自走式 普通充電
急速充電
機械式
(エベレータ方式等)
普通充電

パチャポシステムのご提案

当社では普通充電システムとして、福西電機様のパチャポシステムをご提案致します。

普通充電器と急速充電器について

充電インフラは、大きく分けて普通充電器と急速充電器があり、設置場所や充電時間、設置コストに応じた整備が予測されます。

設置場所・用途・駐車場のタイプなどに応じて充電タイプをご選択いただきます

電気自動車急速充電器(CHAdeMO方式)のご提案

当社では急速充電システムとして、CHAdeMO方式のシステムををご提案致します。

(電気自動車(EV)用急速充電器の普及/拡大を目的とする組織「CHAdeMO(チャデモ)協議会」に、弊社も賛助会員として参画しております。)

現在市販されている電気自動車には、電池状況を常に監視するECU(Electric Control Unit)が搭載されています。CHAdeMO方式の急速充電器は、ECUが充電中において電池状況を常に監視するとともに、その時々の電池状況に応じた充電に必要な電流値を計算して充電ケーブルに備わる通信線を介して充電器に通知する電流指令値に等しい直流電流を供給します。

従ってCHAdeMO方式の急速充電器は、充電器が電池状態の監視やその変化に応じた制御を行う必要がなくなることから、電池特性等の情報更新に関わる問題が解決され、電池の種類や特性に依存することなく汎用性を確保することができます。

CHAdeMO方式の急速充電器は、三相200V入力、最大出力50(kw)となっていることから、電気設備の余力容量が確保されていない場合には変圧器の増強工事等が発生します。ご検討の際には、最適な設置工事が出来るように現地調査差し上げますので、お気軽にご相談ください。

  • 営業技術本部 岩崎
  • TEL: 03-3747-7535 FAX: 03-3747-7537